かんぽ生命保険 東京サービスセンター

閉店/移転 カテゴリー 第 1 位 / 27,043 PV

閲覧数: 27,043  投稿日: 2012 1 27 日  更新日: 2020 4 4

かんぽ生命保険 東京サービスセンター とは?

道路を挟んで「綱町三井倶楽部」の向かい側に建っていた建物

公式サイトのキャプチャ画像

所在地

〒109-8792 港区三田1-4-60

かんぽ生命保険 東京サービスセンター
・「簡易生命保険」及び「かんぽ生命保険」の保険管理等を行っていた
・「記念館」や「博物館」ではなく、純粋な「オフィスビル」として機能していた

建物
・旧逓信省簡易保険局庁舎
・鉄筋コンクリート3階建
・オーストリアのウィーン中央郵便局庁舎に似た建物
・ステンドグラスが多い。大理石も大量に使われていた
・設計は、逓信省
・施工は、大林組
・竣工時期は、1929年(昭和4年)

東京サービスセンターは、品川区の大崎ブライトタワー(東京都品川区北品川5-6-1 大崎ブライトタワー)に機能を移転
・それに伴い、この建物は解体された
※解体工事開始年月日は、2019年9月25日

解体後には何が出来るの?
・2024年度(令和6年度)までに総戸数約900戸の大規模マンション「(仮称)三田一丁目計画」が建設される予定となっている
・施工はみらい建設工業(港区)


「建物が現存していた頃」の感想
予備知識なしでこの通りを歩いても、一見で歴史的っぽい建造物だと分かる造りだが、看板がない(もしくは気が付かなかった)ため、何の建物か判りづらい(別に判らなくても良いのだろうけれども…)

専用郵便番号
・「〒109-8792」は、「株式会社 かんぽ生命保険 東京サービスセンター」専用の郵便番号となっている
・東京サービスセンターの機能自体が移転しているため、現在この郵便番号を使用すると、郵便物は「東京都品川区北品川5丁目6−1大崎ブライトタワー」へ届く

アクセス
・東京メトロ南北線/都営地下鉄大江戸線 麻布十番下車 徒歩8分
・都営地下鉄大江戸線 赤羽橋下車 徒歩8分
・都営地下鉄三田線 芝公園下車 徒歩13分

仕様 及び 歴史
・日本全国の郵便局で提供される「簡易保険・かんぽ生命」の各種保険商品は、各郵便局において契約を管理していない
・郵政省本省直轄の地方支分部局である「地方簡易保険局」にて管理が行われていた
・1984年6月30日に郵政省設置法が改正
・1984年7月1日より同じ地方支分部局である「地方郵政局」の事務の一部を分掌する組織(附属機関)として「簡易保険事務センター」と改称された
・郵政民営化に伴い、2007年10月1日に「簡易保険事務センター」から「サービスセンター」へと組織名が改称された
・つまり、「地方簡易保険局」→「簡易保険事務センター」→「サービスセンター」という流れ

現行設置センター
・「サービスセンター」は全部で5つ
・「仙台サービスセンター」「東京サービスセンター」「岐阜サービスセンター」「京都サービスセンター」「福岡サービスセンター」
・港区三田にある「東京サービスセンター」では、関東地方、信越地方を担当している
・該当県は全部で10、「茨城県」「栃木県」「群馬県」「埼玉県」「千葉県」「東京都」「神奈川県」「山梨県」「長野県」「新潟県」

地図

定点写真で振り返る。「かんぽ生命保険 東京サービスセンター」 の変遷

2011

2011年1月、「綱町三井俱楽部」方面を背にして、「かんぽ生命保険東京サービスセンター(旧逓信省簡易保険局)」を撮影
2011年1月27日12時13分。「綱町三井俱楽部」方面を背にして、「かんぽ生命保険東京サービスセンター(旧逓信省簡易保険局)」を撮影
矢印キーで移動します

ゴードン田町店(GOLD ON)