サービス紹介

三田スタイル とは、どんなサービスなの? このページでご紹介しています

「三田スタイル」とは?


「三田スタイル」は、「東京都港区『三田 1 ~ 5 丁目』『芝 1 ~ 5 丁目』『芝公園 1 ~ 4 丁目』『芝大門 1 ~ 2 丁目』『高輪 1 ~ 3 丁目』」における街の移り変わりを記録整理紹介していくサービス です。


対象範囲について

サービスローンチ前後の漠然とした考え

当初は、単に「JR 田町駅」より北側エリアを、このサービスの対象範囲として想定していました。

町名タグ機能を導入

スポット件数が増加して管理&整理しづらくなったため、2020 年に「町名によるタグ機能」を追加実装しました。
その際、衝撃の事実に初めて気が付きました。
・田町という町名は現存しません。
・町名が「港区三田」である地域は、「田町駅」前ではなく「三田駅」前でもなく、「札の辻」より西側となります。
・これまで私が「港区三田」だと思い込んでいた場所は、すべて「芝 5 丁目」でした。
・さらに言えば、「JR 田町駅」も「都営三田線 三田駅」も「都営浅草線 三田駅」も、「港区三田」ではなく「芝 5 丁目」にあります。

「三田スタイル」ではなく「芝スタイル」へ変更した方が良いのでは?

「三田スタイル」から「芝スタイル」へ変更することも検討したのですが、以下の理由により思い留まりました。

知名度は、「三田」 > 「芝」

世間一般的には、圧倒的に「三田」の方が知名度があると思われます。
・「三田駅」は存在しますが、「芝駅」は存在しません。※「芝公園駅」は存在しますが、「芝公園」は「芝」とは異なる町名です。
・「港区立三田図書館」は「芝 5 丁目」にありますが、「港区立芝図書館」ではありません。

私が、三田スタイル サービスを開始した 2 つの理由


1.「三田のことをもっと知りたい」と思ったから

「三田」に興味を抱いたきっかけは、「芝浦」に「三田の名を冠したマンション」が存在していたことです。
「三田」とはそんなに魅力がある地域なのだろうか、と興味を抱きました。

2.「港区三田」ではなく「目黒区三田」?

最初は両者を混同していました。「三田」というエリアが「港区」と「目黒区」に跨っているのかと思っていました。
次に、すぐ近くにあるのに「同じ地名が付いているのはなぜだろう? 紛らわしくないのかしら?」と疑問に思いました。
私は「港区三田」と「目黒区三田」を紛らわしいと思いましたが、そのことをきっかけに興味を抱きました。

「港区三田」と「目黒区三田」について


「港区」と「目黒区」は隣接していない

そもそもの大前提として、「港区」と「目黒区」は(隣接していると思われがちですが、間に「品川区上大崎」が存在するため)、隣接していません。
「目黒区三田一丁目」-「品川区上大崎二丁目」-「港区白金台五丁目」という位置関係になっています。

「港区三田」と「目黒区三田」の位置関係

「目黒区三田」-「品川区上大崎」-「港区白金台」-「港区白金」-「港区三田」という位置関係になっています。
こうして町名ごとに書き出してみると、近くにあるという印象を抱かないかもしれません。

武蔵国荏原郡郷「御田」

「港区役所」「目黒区役所」いずれも「三田」の地名について言及しています。

荏原郡(港区、千代田区の一部と品川・大田・目黒・世田谷区)の御田郷は、古くは、港区三田~白金、目黒区三田までを含む地域で、荏原郡9 郷の一つに数えられました。「三田」は区内で最も古い地名の一つで、承平5年(935)頃の文献に「武蔵国荏原郡郷“御田”」と紹介されています。
興味深い内容になっていると思いますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

スペック


カテゴリー数

カテゴリーは階層構造となっています。具体的には「親カテゴリー」と「子カテゴリー」で構成されています / 42


エントリー数

userが投稿したエントリー数 / 108


定点写真掲載数

320


特選ツイート数

286


アカウント作成完了者数

申請後、24時間以内に(メールアドレス経由で)認証実行したuser数 / 3


このWebサービス(三田スタイル)の最終更新年月日時分秒

2021年7月29日 11時21分35秒

お知らせ


更新履歴

2021 年 7 月
 サイトリニューアルを行っています。
 具体的には、スポット詳細ページにおける基本情報を自動的に表示するよう変更しました(それに伴い、本文の一部修正を行っています)。


2020 年 3 月
 サイト全面リニューアルを行っています。

近況報告

対象地域の画像を、2019 年までに 23,831 枚( 322 GB)撮影しました。
2020 年以降撮影画像につきましては、現在整理中です。

写真撮影は、現在でも継続して行っています。
このサービスは「INTERNETBROTHERSJAPAN」が作成しています。

Twitter


制作履歴ツイート


タイムライン