国際医療福祉大学三田病院

(仮称)国際医療福祉大学三田病院 赤羽橋駅近く、東京都済生会中央病院横……


閲覧数:2126  投稿日:2011-09-22  更新日:2016-08-03
公式サイトのキャプチャ画像

< 住所 >
・港区三田1-4-3



(仮称)国際医療福祉大学三田病院

赤羽橋駅近く、東京都済生会中央病院横に建設予定のビル。

以前から、なんで、このエリアにはこんな大きい病院が幾つもあるのだろう?
利用者サイドとしては、もっと分散して建設してくれたらいいのに、
と思っていたが、
どうやら、以前にも増して(?)、大きな病院が建つらしい。

この新病棟建設地は、現在三田病院がある東側。
「日本たばこ産業(JT)事務所・たばこ倉庫」跡地(7100㎡)。

竣工予定は、2011年(平成23年)。
公式サイトでは、
「2012年2月、国際医療福祉大学三田病院は、
 地上11階・地下2階の新しい病院に生まれ変わります。」
と告知されている。

<その他、工法など>
既存の病院隣接敷地に新築される地上11階,地下1階の鉄筋コンクリート造の病院。
大地震時における病院機能を維持させるため免震構造を採用。
免震層は基礎と地下1階の間に設置(基礎免震構造)し、
免震材料として鉛プラグ挿入型積層ゴム支承・天然ゴム系積層ゴム支承を選択。
両者とも、丸形の支承に対して断面効率上有利な角形の支承。
基礎はN値50以上の東京礫層、土丹層を支持地盤とした
べた基礎形式による直接基礎(一部地盤改良(流動化処理工法)併用)を採用

地図




45° 画像

定点写真で振り返る。「国際医療福祉大学三田病院」 の変遷

2011

2011年7月、「首都高都心環状線」方面を背にして、「(仮称)国際医療福祉大学三田病院」を撮影
2011年7月12日14時14分。「首都高都心環状線」方面を背にして、「(仮称)国際医療福祉大学三田病院」を撮影
Navigate with arrow keys