聖坂

港区三田四丁目にある坂。 田町側から上ると内陸側に、三田中学校、クウェー……


閲覧数:1125  投稿日:2011-06-07  更新日:2016-08-01

< 住所 >
・港区三田4丁目13−12


港区三田四丁目にある坂。
田町側から上ると内陸側に、三田中学校、クウェート大使館、阿含宗関東別院が存在し、
同方角から潮見坂、幽霊坂から注ぎ込む形で交差し、海側に済海寺、亀塚公園、御田八幡神社が存在する。
そのまま進むと伊皿子坂と魚籃坂からなる道路と交差して
二本榎通りと名称を変える。

<名称の由来>
高野聖(こうやひじり→戦国時代の頃、高野山から諸地方に出向き、
納骨などを行った僧を指す言葉)が開いた古代中世の通行路で、
その宿所も同所に存在したためこの名称が付けられたとされる。
「竹芝の坂」もしくは「竹芝坂」とも呼ばれた。

<沿革>
本道は古奥州街道にあたり、江戸が開府して東海道が開かれるまで、
東国と西国を結ぶ主要道路だった。
江戸時代まで坂は斜面ではなく緩やかな階段状を成していた。
この階段の存在は『江戸名所図会』によっても確認することが可能である。

<所感>
・まあ、色々歴史はある坂なのだろうが、実際に行ってみた感想としては、
とにかく、いつ行っても人通りがない、さびしい通り、といった印象。
駅からも遠い、というのもあるだろうし、
道路も、幹線の役割を果たすものがすぐ近くを通っているため(15号線と1号線に挟まれている)か、
地元の人以外は滅多に人が通らないのではないか、といった印象さえ受ける坂。
以前は階段状だった、という痕跡は、かけらも感じられない。
(というか、さっきこの坂について調べていて、初めて知ったよ)
坂の勾配は、それなりにあったように思うが、
元々坂に興味があるわけでもないため、
クウェート大使館(と散歩)以外の目的で、
この坂を訪れたことはない(特に見るべきようなものは何もないかも、という意味)

地図




45° 画像

定点写真で振り返る。「聖坂」 の変遷

2010

2010年12月、「三田駅」方面を背にして、「聖坂」を撮影
2010年12月5日16時5分。「三田駅」方面を背にして、「聖坂」を撮影
Navigate with arrow keys