三田東急アパート本館

マンション/アパート クウェート大使館の真向かいにある、 若干古ぼけた……


閲覧数:7117  投稿日:2011-06-05  更新日:2016-10-19

< 住所 >
・港区三田4-15-29


マンション/アパート

クウェート大使館の真向かいにある、
若干古ぼけた感もある、割と大きなマンション。

2009年3月に閉館したらしい。

三田東急アパートを再開発 建替え,改修視野に検討

 東急不動産は、東京都港区にある三田東急アパートメントの再開発を検討している。整備方針や開発後の用途、スケジュールなどは未定。建て替えのほかリニューアルなども選択肢に検討を進める模様だ。敷地約5500m2には、本館とアネックスの2棟総延べ約2万m2が立地しており、建て替える場合には大規模開発となることも見込まれる。

 三田東急アパート(港区三田4-15-29ほか)は、JR田町駅の西約400mに位置する賃貸住宅。

 完成当時は、高級マンションの代名詞的存在の一つとして知られた。周辺には、慶応義塾大学やクウェート大使館、区立三田中学校(改築中)などがある。

 南北に延びる敷地のうち、北側の約4000m2に本館(RC造9階建て塔屋2層延べ約1万1000m2)、南側の約1300m2にアネックス(RC造地下1階地上12階建て延べ約7000m2)がある。本館は1957年、アネックスは70年に開業した。老朽化していることから、3月末で両館とも閉鎖している。

 同社は開発計画について「未定」としているが、両館の敷地は接続していることから、一体的な開発が進むことも見込まれる。

 用途地域は第1種住居地域で、建ぺい率60%、容積率300%。

地図




45° 画像

定点写真で振り返る。「三田東急アパート本館」 の変遷

2010

2010年12月、「クウェート大使館」を背にして、「三田東急アパート本館」を撮影
2010年12月5日15時59分。「クウェート大使館」を背にして、「三田東急アパート本館」を撮影
Navigate with arrow keys